【動画】WBCで世界一をつかんだ野球日本代表の二遊間コンビ、川崎宗則選手と西岡剛選手がチームメイトに=金島淑華撮影

拡大する写真・図版合同会見を行った川崎宗則(左)と西岡剛=栃木県小山市

[PR]

 2006年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で世界一をつかんだ野球日本代表の二遊間コンビが、独立リーグの栃木で再結成へ――。プロ野球ソフトバンクで活躍した川崎宗則(39)と、ロッテや阪神に所属した西岡剛(36)が7日、栃木県小山市内で合同記者会見を開いた。性格は全く逆の2人が、語ったこととは――。

 昨季、台湾リーグでプレーした川崎は、今季も台湾に渡る予定だった。だが、新型コロナウイルスの影響で、なかなか渡航できず「日本でトレーニングをしていたところ、(栃木に)声をかけてもらいました。ギョーザがうまいというのは聞いていたんですけど。食べたら、素晴らしいギョーザでした。皮が厚くて、具もたくさん入って、栄養満点。それが一番の決め手でした」。

拡大する写真・図版会見で意気込みを語る川崎宗則

 一方の西岡は、昨年から栃木に所属している。本来なら3月に球団と契約する予定だったが、コロナ禍で見通しを立てられず、9月1日に契約更新が発表された。報道陣から川崎への助言を求められ「野球のことだけを考えてほしい。リフレッシュする空間が、栃木にはいっぱいある」と話した。

「熱男」ならぬ「熟男」

 2人は06年のWBC優勝に貢献したほか、08年の北京五輪でも二遊間を組んだ。西岡によると「あまり会話という会話はしない。(川崎は)同じ空間で、ぼけっとできる存在」。当時から10年以上が経ち、川崎は「今は若干、熟してます。熟男(じゅくお)のプレーを見せたいと思っています」。

拡大する写真・図版第1回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で二遊間を組んだ川崎宗則(右)と西岡剛⑦。真ん中はイチロー(2006年3月3日撮影)

 俊足巧打のプレースタイルは似ているが、性格は正反対だという。

■西岡は「チーターの…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら