[PR]

 シャープは7日、空気清浄機などに使う同社の技術「プラズマクラスター」が、空気中に漂う新型コロナウイルスを減らす効果があると確認したと発表した。ただ実証実験での確認のため、この技術を組み込んだ製品でも効果があるかは現時点で不明といい、今後も検証を続けるという。

 同社が長崎大や島根大との共同実験で確認した。発表によると、空気中の新型コロナウイルスに対し、プラズマクラスター技術で発生させたイオンを30秒間にわたって照射したところ、感染性を持つウイルスの数が90%以上減ったという。

 実験にかかわった長崎大の安田二朗教授は、「飛沫(ひまつ)感染の対策はマスクなどの着用以外になかったが、(プラズマクラスターを使えば)今後、実際の空間で抗ウイルス効果を発揮できる可能性がある」とのコメントを出した。

 シャープによると、この技術を使った製品で同じような効果が確認できるかは見通せない。今回の実験は狭い空間で実施し、市販品と性能の異なるイオン発生装置を用いた。現状では新型コロナウイルスを実際に使った実験は難しいという。

 プラズマクラスターの技術は2…

この記事は有料会員記事です。残り200文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り200文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り200文字有料会員になると続きをお読みいただけます。