[PR]

 実りの秋を楽しむ各地のイベントも、コロナ禍で少し様変わりしそうだ。足利市のココ・ファーム・ワイナリーはオンラインの「どこでも収穫祭」を企画。佐野市の第一酒造は徹底した感染対策を講じた上で、例年通りの「酒蔵茶屋」を開く。(根岸敦生

 障害者135人がワイン造りをするココ・ファーム・ワイナリーでは11月にブドウ畑を開放して収穫祭を開いてきた。園で暮らす入所者も「ホスト役」として活躍する晴れ舞台だ。

 コロナ禍で今年は開催を諦め、11月14日にオンラインの「どこでも収穫祭」を開く。QRコードが記載された入場券付きの記念ワインセットの購入者に、ユーチューブの動画配信にアクセスしてもらう計画。「いつでもどこでも楽しんで欲しい。だから『どこでも収穫祭』なんです」と同社の池上峻取締役。

 収穫祭セットは同社オンライン…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

関連ニュース