【動画】3氏が争う2自民党総裁選。それぞれの主張は。「簡易型」選挙の影響は。
[PR]

 菅義偉官房長官は7日の朝日新聞のインタビューで、「脱派閥人事」に言及した。自民党の5派閥が菅氏支持を表明する中での発言は、「派閥政治」との批判をかわすほか、世論の支持を背景に独自色を打ち出し、主導権確保を狙ったものとみられる。

「総理が解散と言えば解散」 菅氏の単独インタビュー
菅氏とのやりとりを一問一答形式でお伝えします

 朝日新聞のインタビューの冒頭、自民党総裁・首相になった場合の党役員・閣僚人事の方針について、菅氏はこう明言した。「派閥からの要望は受け付けない。聞かない。事前に打ち合わせなどはしない」

 派閥政治の象徴である当選回数順の「順送り人事」や、各派に配慮した「派閥均衡人事」を否定することで、「派閥政治」との批判をかわすと同時に、独自色を打ち出す狙いもあるようだ。

批判にインタビューで反論

 これまで「派閥解消」を掲げて…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら