「つくづく窮屈に」嘆く教員 安倍政権で何が変わった

有料会員記事

編集委員・氏岡真弓宮崎亮、三島あずさ
[PR]

 2度にわたり政権を担った安倍晋三首相が先月末、辞意を表明した。通算在職日数は歴代最長に。その間、教育分野にも、首相の理念や経済政策がさまざまなかたちで反映された。現場にどんな変化があったのか。

59年ぶり改正「とうとうか」

 「教育の憲法」と呼ばれ、戦後教育の根幹となってきた教育基本法が59年ぶりに改正されたのは、2006年12月15日。第1次安倍政権が発足し、安倍首相所信表明演説で法改正案の早期成立を語ってから3カ月足らずのことだった。

 東京都内の市立中学校で社会科を教える教諭(33)は、学生として国会前の抗議集会に参加していた。改正の一報が届いたとき、「とうとうか」と力が抜けた。

 13年たって、改正の影響を感じる。

 例えば、来年からの学習指導…

この記事は有料会員記事です。残り2778文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら