「ポスト安倍」、菅氏が逆転の理由 世論調査を読み解く

有料会員記事自民党総裁選2020

君島浩
[PR]

 ポスト安倍を担う「次の首相」には誰がふさわしいか。9月2、3日の世論調査で、自民党総裁選の候補者3人の名を挙げて聞きました。菅義偉官房長官が38%とトップで、石破茂元幹事長が25%、岸田文雄政調会長が5%でした。

 今年6月の調査で、3氏を含めた7人の名前を挙げ、「次の自民党総裁にふさわしい人」を尋ねた時は石破氏がトップでした。小泉進次郎環境相、河野太郎防衛相、岸田氏が続き、菅氏は5番手でした。

 同じ7人の名前を挙げて昨年9月、12月、今年2月にも調査しましたが、昨年9月は小泉氏が首位で、その後の3回はいずれも石破氏がトップ。一方、菅氏の支持は8%→6%→5%→3%と下降ぎみでした。

 首相は国民の投票で直接選ばれるわけではありませんが、「世論の人気は石破氏」と言われていたのが、今回は逆転しました。

13年前にも同じ現象

 今月の調査では、総裁選への…

この記事は有料会員記事です。残り369文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

自民党総裁選2020

自民党総裁選2020

安倍晋三首相の辞任表明を受けた自民党総裁選は、次の首相を選ぶことに事実上つながります。出馬を表明した3氏の動きを紹介します。[記事一覧へ]