石破氏陣営「あつ森」利用を断念 気にいっていたけれど

有料会員記事自民党総裁選2020

松山尚幹
[PR]

 自民党総裁選に立候補した石破茂元幹事長の陣営は8日、任天堂の人気ゲーム「あつまれ どうぶつの森」(あつ森)の総裁選への活用を断念したと発表した。総裁選恒例の全国遊説が見送られる中、ゲーム空間を利用して党員との交流を図る狙いがあったが、計画発表直後から任天堂の利用規約に反する可能性があると指摘されていた。

 あつ森は、家庭用ゲーム機ニンテンドースイッチ」向けのゲーム。プレーヤーが自身の分身(アバター)を操作して、自然豊かな無人島で自由気ままな移住生活を楽しむストーリーで、新型コロナ禍での「巣ごもり生活」の中で世界各地でブームになっている。

 石破陣営が6日に発表した当…

この記事は有料会員記事です。残り400文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

自民党総裁選2020

自民党総裁選2020

安倍晋三首相の辞任表明を受けた自民党総裁選は、次の首相を選ぶことに事実上つながります。出馬を表明した3氏の動きを紹介します。[記事一覧へ]