[PR]

 自宅で大麻を所持していたとして、警視庁は8日、俳優の伊勢谷友介容疑者(44)を大麻取締法違反(単純所持)の疑いで現行犯逮捕し、発表した。伊勢谷容疑者は認否を留保しており、「弁護士が来てから話します」と供述しているという。

 組織犯罪対策5課によると、伊勢谷容疑者は8日午後4時40分ごろ、東京都目黒区碑文谷1丁目の自宅で、乾燥大麻1袋(7・8グラム)を所持した疑いがある。リビングの机の引き出しに保管してあったという。同じ場所にはほかにも乾燥大麻とみられる物が3袋(12・5グラム)あったほか、吸引具のような物も複数見つかった。同課が鑑定を進めている。

 同課は伊勢谷容疑者が大麻を使用しているとの情報を得て内偵捜査を進め、この日午後3時すぎ、同法違反容疑で自宅に捜索に入ったという。

 伊勢谷容疑者は東京都世田谷区出身の俳優で、1999年に「ワンダフルライフ」で映画デビュー。2009年にはNHKの「白洲次郎」でテレビドラマに初主演。15年には大河ドラマ「花燃ゆ」、昨年は大ヒット映画「翔(と)んで埼玉」に出演した。12年にはブルーリボン賞助演男優賞と日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞している。

 俳優業と並行し、08年に社会や地球の環境を見つめ直し、新たなビジネスモデルを模索する会社「リバースプロジェクト」を設立。代表を務めてきた。