[PR]

 東京六大学野球連盟は8日、19日開幕の秋季リーグ戦で応援団の入場を認めると発表した。一般観客は入らない外野席で応援する。1校100人以内。吹奏楽についても感染症の専門家の指導のもと、楽器の配置などを工夫した上で参加する方向で調整している。

 リーグ戦は2回戦総当たり制の1校10試合。九回打ち切りで延長戦は行わず、ポイント制(勝利1、引き分け0・5)で順位を決める。観客の上限は春の3千人から5千人に引き上げ、政府の制限緩和があればリーグ戦の途中で再検討する。この日にあった常務理事会で決定した。