政府、イベント緩和の前倒しを検討 4連休初日ごろに

有料会員記事新型コロナウイルス

中田絢子、相原亮
[PR]

 政府は8日、新型コロナウイルス感染症対策で9月末までとしているイベントの開催制限を緩和する検討に入った。11日にも開く政府の分科会で専門家らの理解を得られれば、4連休初日の19日ごろから、前倒しで緩和したい考えだ。

 複数の政府関係者が明らかにした。政府はイベントについて①参加者の人数上限は5千人②屋内イベントは施設定員の50%以内、とする制限の範囲内で開催するよう求めているが、一定の条件の下で緩和する。

 プロ野球とJリーグから、2万人または収容率50%の少ない方とするよう求める要望が出ていることなどを踏まえ、①では、1万人かそれ以上に引き上げることで調整中だ。

 ②については、スーパーコンピューターによる飛沫(ひまつ)の飛散の仕方に関する解析結果などを踏まえ、観客が大声を出す場面が少なく、飛沫が飛散する恐れが小さいクラシック音楽のコンサートや、能・歌舞伎など古典芸能のイベントを対象に、50%以内の制限をなくす方向で検討している。

 政府の分科会は、初夏以降の…

この記事は有料会員記事です。残り288文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]