日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)顧問で、金沢大名誉教授の岩佐幹三(いわさ・みきそう)さんが7日午前3時19分、膵臓(すいぞう)がんのため千葉県船橋市の自宅で死去した。91歳だった。葬儀は近親者のみで執り行う。喪主は長男憲明(のりあき)さん。

 福岡県出身。16歳の時、爆心地から1・2キロの広島市富士見町(現同市中区)の自宅の庭で被爆し、母と妹を亡くして「原爆孤児」となった。

 1960年に石川県原爆被災者友の会を設立。金沢大で法学部長を務めた後、2000年から日本被団協の事務局次長、11年から代表委員、17年から顧問を務め、被爆者救済などに取り組んだ。

 16年には、オバマ米大統領(当時)の広島訪問に立ち会った。オバマ氏の訪問に同席し、日本被団協の代表委員も17年6月までの6年間、ともに務めた広島県原爆被害者団体協議会の坪井直(すなお)理事長(95)は「日本被団協の活動をリードしてこられた方。これまでのご尽力に対し、心から感謝し敬意を表するとともに、お悔やみを申し上げる」とのコメントを出した。

 晩年は若者への継承に力を尽く…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら