拡大する写真・図版宝塚歌劇団の月組トップスター珠城りょう=2020年9月、兵庫県宝塚市、杢田光撮影

[PR]

 宝塚歌劇団の月組トップスター珠城(たまき)りょうが、7カ月ぶりに舞台に戻ってくる。休止期間を経て、いま胸に宿すのは「希望」の2文字。幕が上がる喜びを全身にみなぎらせている。

 もともと春に予定されていた公演だったが、コロナ禍で延期に。ようやく25日に再スタートを切る。自身にとっても、2月末の御園座以来、7カ月ぶりのステージだ。

卒業するその日まで

 来年2月に退団すると発表したのは今年3月。だがそれも来年8月に延期になった。「月組のみんなと過ごせて、男役でいられる時間が延びるのでしっかりとまっとうしたい。卒業するその日まで成長し続けます」と目を輝かせる。

拡大する写真・図版コロナ禍で、長らくファンとも会えていない。「みなさんと交流できる時間が早くきてほしいなと思います」

 休演期間中、仲間と稽古場で集えない日々が4カ月続いた。先の見えない不安を感じつつも、「なるようになる」と時に身をゆだねて穏やかに過ごした。

コロナ禍の日々にどう向き合ってきたのか、胸のうちを語ります。休止期間を経て、「呼吸がしやすくなりました」。

 自由時間が増えた分、料理や映…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら