[PR]

 幕が上がったばかりの自民党総裁選だが、すでに菅義偉官房長官が国会議員票の大半を得る情勢となっている。党内の視線は早くも「菅政権」へと向かう。菅氏は「安倍後継」を掲げつつ、長期の本格政権を視野に入れ始めている。

 8日午後、3候補がそろい党本部で開かれた所見発表演説会。菅氏が真っ先に触れたのは、安倍晋三首相への敬意だった。

 「今日の礎を築いてくれた。卓越した指導力と判断力に最大限の賛辞を送らせていただきたい」

 菅氏は演説の中で、安倍政権が取り組んできたアベノミクスや外交・安保政策、憲法改正などを次々と挙げて「継承」を強調。その後の共同会見では、記者から森友・加計学園問題などを指摘され、現政権からの「変化」を問われたが、「客観的に見ておかしいことであれば見直しをしていく」と述べるにとどめた。

 支援議員が集まった党本部での…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら