途上国の子どもたちへ絵本 海洋ごみ問題解決へ大学生

有料記事

編集委員・豊秀一
[PR]

 プラスチックごみが海に流れ出す海洋ごみ問題の解決のために、クラウドファンディングで資金を集めて絵本を制作し、国内外の子どもたちへ届けたい――。大学生たちが中心となり、絵本「つなげ ビニーのゆめ」プロジェクトを進めている。

 代表は神戸大国際人間科学部の南大樹(たいき)さん(19)で、東京地区のチームリーダーが東京農工大農学部応用生物科学科の安居院勇源(あぐいたけもと)さん(18)。都立小山台高校野球部の先輩と後輩の仲で、2人とも全国高校野球選手権東東京大会で準優勝を経験している。

 南さんがプロジェクトを立ち上げたのが昨年11月。きっかけは、発展途上国を訪れた際、ごみの「ポイ捨て」が当たり前になっている状況を目の当たりにしたことだった。

 父親の仕事の関係で小学生時…

この記事は有料記事です。残り898文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。