[PR]

 出願が15日に始まる大学入試の総合型選抜(旧AO入試)や、11月1日に始まる学校推薦型選抜(旧推薦入試)について、複数の大学が募集要項などで、オンラインでの面接が通信不良などで切断された場合、面接を打ち切る可能性があるとしたり、同意書への署名を求めたりしていることがわかった。文部科学省は受験生への配慮を求めた通知に沿っていないとし、大学への再通知も検討している。

 「機器やネットワーク回線の不良により、面接員が試験続行不可能と判断した場合は、その時点で面接を打ち切る場合があります」。信州大繊維学部は「オンライン面接の注意事項」にそう記した。担当者は「『打ち切る』と強めの言葉を用いたのは、通信状況の確認など事前準備をしっかりしてほしいという意図からだ」と説明。トラブルの際は電話で通信が復旧しそうか聞いたり、別日程を設定したりするとしている。

 明治大農学部は「注意事項」で、「システムトラブルによる再試験等は原則対応しません」と明記した。担当者は「初めての試みで、どんなトラブルが起きるかわからない。受験機会を奪いたいわけではなく、柔軟に対応したい」という。

 実践女子大は、オンライン選考に関する同意書の提出を求める。「受験する本人の環境不備により、試験に不具合が生じた場合は、試験が成立しない可能性があることを了承します」との項目を入れた。担当者は「『試験が成立しない可能性』とは不正を想定しており、受験生の不安をあおる意図ではなかった」と釈明。通信遮断の場合は電話をつなぎ、再開できるようにするという。

 ただ、ウェブ上の募集要項などにはこうした補足の説明はなく、受験生や高校には不安が広がっている。

学校でも万全の環境準備できず困惑

 福岡県立高では今月、3年生が…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら