[PR]

(8日、プロ野球 西武2―0オリックス)

 西武の高橋光が、九回無死まで無安打と好投した。打線は五回、内野ゴロの間に先取点を挙げ、六回は山川の適時打で加点した。

     ◇

 西武の高橋光成にとって、自身初のノーヒットノーランがかかった九回。マウンドに向かう前に、西口文也投手コーチから言われた。「2死までは行け」。この言葉には、深い意味がある。

 2002年と05年。西武の中心投手だった西口コーチは、九回2死から安打や本塁打を許し、快挙を逃した。このほか05年には、延長戦に入ってから完全試合を逃したこともあった。

 本拠のファンが万雷の拍手を送る中、高橋光は最終回のマウンドに上がった。先頭のオリックス・西野に142キロを中前に運ばれ、この試合初めての被安打。「悔しかった」と打球を見つめながら、しゃがみ込んでいると、西口コーチがやってきた。「2死まで行けよ」。冗談めかした言葉に、心が和み、すぐに切り替えられた。落ち着いて後続を断ち、自身4年ぶりとなる完封勝利を挙げた。

 高橋光は球団にとって、西口コ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら