小学生がナシ収穫体験 湯梨浜町

長崎緑子
[PR]

 湯梨浜町立東郷小学校の3年生46人が8日、同町久見にある二十世紀梨の古木「百年樹」で収穫体験をした。前日の台風10号での被害は比較的少なく、ナシの木7本から500玉以上をもぎ取った。

 毎年3年生がナシを育てており、今年は5月に小さい実に小袋をかけ、夏休み前には自分たちの名前を書いた大袋をかけた。

 ナシ収穫では、下に引っ張らず、上に持ち上げてとると木を傷めない。小学生らは、自分の名前がある袋を探しながら、次々にナシをもぎ、農家の人と同じようにコンテナに集めた。四つもぎ取っていた笠見健太君(9)は「名前を五つほど書いたが、今日見つかったのは一つだった。収穫は楽しい」と話した。(長崎緑子)