[PR]

 主要7カ国(G7)外相は8日、ロシアの反政権活動家アレクセイ・ナバリヌイ氏から兵器級の神経剤「ノビチョク」系の毒物が確認されたとして、「可能な限り強い言葉で非難する」とする共同声明を発表した。ロシアは依然、関与を認めていない。

 声明では、化学兵器の使用はいかなる状況でも「容認できず、国際規範に反するものだ」とし、透明性をもって加害者を処罰するようロシアに求めた。

 また、ナバリヌイ氏に対する毒殺未遂容疑事件は「ロシアの民主主義と政治の多様性への重大な打撃だ」として、市民の政治的な権利や言論の自由を保障することもロシアに求めた。さらに、事件について説明を求める国際的な呼びかけに「ロシアがどのように答えるかを引き続き注視していく」とした。

 フランス外務省は8日、パリで…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら