拡大する写真・図版「コウテイ」の下田真生(左)と九条ジョー=2020年8月27日、大阪市中央区

[PR]

 取材中に何度も突っ込まれて、思わず笑ってしまいました。大阪を拠点に活動するお笑いコンビ「コウテイ」。コロナ禍で停滞気味のお笑い界にあって、勢いを感じる2人です。

体で笑える野性味

 吉本興業の養成所では、ゆりやんレトリィバァらが同期。出遅れた感はあったが、7月のABCお笑いグランプリで優勝して浮上のきっかけをつかんだ。

 その時のコントが記憶に新しい。名うての宝石強盗と思われた下田真生(まさき)(27)が、ドタバタと服を脱いで名乗ると、一体だれ?のボケ。しまいに九条ジョー(26)が「世界で一番だれやねん!」。スマートではないが体で笑える野性味で抜きんでた。

 「ザ・バカ」と芸風を表現する下田は九州出身で、志村けんに爆笑して大きくなった。一方、関西で様々なお笑い番組を見てきた九条。同じマンションだったのが縁でコンビを組んだ。

正統派漫才からの変身

 はじめは「正統派の漫才」だったが、次第にだれともかぶらないネタを強く意識。赤の衣装で決め、九条のおなじみのギャグは「ズィーヤ」。どこか謎めいたキテレツさと、舞台を広く使う演出で違いを作り出した。

 その陰にあったのは、2人のケ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら