拡大する写真・図版小熊英二さん=上田幸一撮影

[PR]

 黒人の男性が白人の警官に窒息死させられた米国での事件をきっかけに、世界中で改めて人種差別問題への関心が高まっている。この難問、日本でどう考えればいいのだろう。肌の色が同じ人々を支配した戦前日本の歴史を調べ、「有色の帝国」という視点を使って人種や民族の問題を考察してきた小熊英二さんに聞いた。

日本における「民族」の発明

 ――米国で今、人種差別の問題が先鋭化しています。

 「新型コロナウイルスの危機をきっかけに格差の問題が強く意識された結果だと見ています。経済的格差だけではありません。社会的発言ができる機会の格差、医療や教育にアクセスできる機会の格差……。そうした様々な格差が『人種(race)』という区分と重なる形で生じているという意識が、米国社会には強いのです」

 ――もし日本の学生から「日本は人種差別のない国ですよね?」と聞かれたら、どう答えますか。

 「人種って何だと思う?と聞き返すと思います」

 ――「肌の色で白人と黒人を分けるような、身体的特徴による区分です」と回答されたら?

 「なぜ耳の長さでなく肌の色が重要だと思う?と尋ねます。身体的特徴と言われるものはほかにもたくさんあります」

 「また、西洋でも身体的特徴が重要な区分になったのは近代以後とされています。それ以前は『貴族か平民か』といった区分の方がずっと重要でした」

 ――そもそも人種差別という問題は、近代の日本ではどのように考えられてきたのでしょう。

 「当時の人々は『人種差別は西洋にはあるが日本にはないものだ』と考える一方で、別の形で差別があることは知っていました」

 「人種という概念自体は明治の初めに日本に入ってきました。しかし、米国のようには使われませんでした。まず、人種という指標を使うと自らは有色の黄色人種とみなされ、西洋人より劣位に置かれてしまう問題がありました。また台湾人や朝鮮人といった人々と日本人がどう違うかを説明するにも、人種は使いにくい概念でした。同じ黄色人種だからです。そこで発明されたのが、日本語の『民族』という概念でした」

 ――新たに発明された概念だっ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら