[PR]

 福岡市の商業施設で女性が殺害され、中学生の少年(15)が銃刀法違反の疑いで現行犯逮捕された事件で、福岡県警は9日、少年を殺人の疑いで再逮捕し、発表した。捜査関係者によると、少年は「包丁を持っていることに気づいた女性に騒がれたので、殺すつもりで刺した」と容疑を認めているという。

 少年課によると、少年は8月28日午後7時半ごろ、福岡市中央区の商業施設「MARK(マーク) IS(イズ) 福岡ももち」1階の女子トイレで同市の事務アルバイトの女性(21)を刃物で複数回刺したり切りつけたりして殺害した疑いがある。

 捜査関係者によると、少年は女性とその友人女性の後をつけて女子トイレに侵入。少年は女性と会話を交わしており、会話の一部を個室にいた友人女性が聞いていた。女子トイレで包丁を持っていることをとがめる趣旨の内容で、これをきっかけに少年が包丁で刺したとみられるという。

 少年は女性を殺害後、包丁を手に施設1階を歩き回り、女児(6)に馬乗りになった直後、警備員に取り押さえられた。「女の子を盾にして逃げるためだった」と供述。福岡地検は9日、銃刀法違反容疑などについて処分保留とした。

 一方、少年は8月26日に九州の少年院を仮退院し、福岡県内の更生保護施設に入所したが、翌27日夜に抜け出した。捜査関係者によると、少年は「施設の外で野宿した」と説明。翌朝バスを乗り継ぎ福岡市の繁華街・天神に着いた後、「土地勘がなく、歩いていたら(マークイズに)たまたま着いた」と供述。包丁は「腹が減ったので、包丁で店員を脅せば食べ物をもらえると思って盗んだ」と話しているという。県警は供述の裏付けを進めている。