別の証人も買収しようとした疑い 秋元議員を再逮捕

[PR]

 カジノを含む統合型リゾート(IR)事業をめぐる汚職に絡む証人買収事件で、贈賄側の別の関係者にもうその証言をさせようとしたとして、東京地検特捜部は9日、衆院議員の秋元司容疑者(48)を組織犯罪処罰法違反(証人買収)の疑いで再逮捕し、発表した。認否は明らかにしていない。

 特捜部は、保釈中の秋元議員が二つのルートで贈賄側に働きかけたとみており、保釈の取り消し請求も検討する。東京地裁が請求を認めれば、保釈保証金3千万円の全額か一部が没収される。

 特捜部の発表によると、秋元議員は知人の松浦大助容疑者(51)らと共謀。IR汚職で贈賄罪に問われた中国企業「500ドットコム」元顧問・仲里勝憲被告(48)に対して6~7月、虚偽証言をする報酬として現金500万円を渡そうとするなどした疑いがある。

 秋元議員は2月、収賄罪で起訴されたIR汚職で、否認のまま保釈された。関係者によると、秋元議員はその後、松浦容疑者と度々面会。賄賂の提供を認めていた仲里被告への買収工作について、松浦容疑者は調べに「秋元議員から頼まれて動いた。交渉の仕方についても指示を受けた」と供述しているという。

 秋元議員は支援者の淡路明人被告(54)らと共謀し、「500」社の別の元顧問・紺野昌彦被告(49)にも同様の趣旨で現金計3千万円を渡そうとしたという容疑で8月に逮捕され、特捜部は9日に起訴した。秋元議員はこれまでの調べに容疑を否認しているという。