[PR]

 NTTドコモの電子決済サービス「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出しが相次いだ問題で、ドコモ口座を利用していない人が被害に遭っていることがわかった。銀行口座の暗証番号などが盗まれると、被害を防ぐのは難しい状態だった。各行は「身に覚えのない取引があれば連絡を」と呼びかけており、対象行の顧客は注意が必要だ。

 ドコモ口座はスマホ決済や送金のためのサービス。利用者がドコモ口座を開設し、自分の銀行口座と連携すれば、お金を銀行からドコモ口座に入金(チャージ)し、スマホ決済「d払い」で買い物をしたり送金したりできる。

 被害が出た地方銀行の担当者は「確認した限り、お客様は『ドコモ口座なんか使ったことがないのに……』と話している」と説明する。他の銀行も同様の状況とみられる。

 ドコモによると、ある銀行口座がすでにドコモ口座に登録されていれば、その銀行口座は別のドコモ口座と連携できないため、なりすましは難しい。

 裏を返すと、ドコモ口座を使っていない場合は、銀行の暗証番号などが盗まれると、他人が勝手に開設したドコモ口座と連携させられ、銀行預金からお金を引き出される恐れがある。

 被害が確認された銀行では、氏…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら