[PR]

作新学院高校(上)

あたり前を

大切に

 栃木県の作新学院高校吹奏楽部は、関東を代表するバンドの一つだ。3年生の「サッチー」こと長谷川咲千子(さちこ)は神奈川県茅ケ崎市の出身。中学3年のとき、コンクールで作新学院高校が演奏する《富士山~北斎の版画に触発されて~》(真島俊夫)を聞き、「私、この学校で吹奏楽をやりたい!」と決意した。

 実家は楽器店を経営しており、小学6年生のころからフルートのレッスンを受け始めた。中学は吹奏楽部に入り、部活に没頭した。

 中学3年の9月、同県横須賀市であった東関東吹奏楽コンクールの高校A部門を見に行った。

 「なんてきれいで、迫力のある演奏なんだろう……」

 どの学校の演奏もすさまじくうまかった。その中で、サッチーの心をつかんだのが作新学院の演奏だった。

 サッチーは気持ちを両親に打ち明けた。作新学院のある宇都宮には茅ケ崎からは通えない。中学を卒業して親元を離れるのは大きな冒険だ。だが、サッチーの決心は固かった。

 心配していた両親もやがて、「自分で選んだ道なら」と作新学院への進学を認めてくれた。

     ♪

 2018年4月、サッチーは作…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら