[PR]

 鳥取県東部を走る若桜鉄道は今年で開業90周年。沿線の八頭、若桜両町とともに、これまでの歩みや魅力を感じさせる写真を募集し、「写真記念誌」の発刊作業を進めている。今月からは新型コロナウイルス対策の一環で初めてSNSを利用したフォトコンテストを始めた。いずれも写真を活用した誘客策だ。

 写真記念誌では、掲載する写真を6月15日から7月末まで募集。県内を中心に横浜市や大阪市などの県外からも含め、計21人が応じた。田園地帯を走り、駅に入る車両、駅舎などを銀塩カメラやデジカメでとらえた320点が集まった。八東駅に今年完成した車両の行き違い施設の工事を同じ時間、場所で撮影した成果を提供した人、各駅の昭和初期と最近の姿を撮影した写真を収めたアルバムを寄せた人もいたという。

 八頭町で若桜鉄道を担当する川西美恵子さんは「予想以上の応募があり、SLが走っていた時代の写真が多かった。その頃の写真は役場ではほとんど収蔵していないので、ありがたかった」と話す。関係者で掲載する写真137点を選び、それらの電子データを印刷業者に渡している。

 発刊予定日は12月1日。年表…

この記事は有料会員記事です。残り679文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り679文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り679文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

関連ニュース