[PR]

 水素・燃料電池に関する産官学の技術研究組合「FC―Cubic」が、東京都内の研究拠点を山梨県内に移すことが決まり、組合の浜村芳彦理事長と長崎幸太郎知事が9日、合意書に署名した。県が水素製造などの実証施設建設を進める米倉山(甲府市)に、県企業局が拠点施設を建設する。

 組合は自動車・電気などの18社と6大学、1行政法人で構成。現在、昨年結んだ合意に基づいて業務の一部を県内でおこなっているが、組合全体が移ることになった。2年後の移転完了を予定しているという。

 浜村理事長は「研究開発の『熱量』が高い地域で仕事をするメリットが大きいと判断した」と説明し、燃料電池研究で実績のある山梨大の存在も挙げた。

 全国の研究開発を集約して評価…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら