[PR]

 沖縄県竹富町の海岸で8日に機体のような物体が漂着しているのが見つかり、沖縄防衛局から照会を受けていた米軍は9日、米軍のものではないと回答した。防衛局が取材に明らかにした。9日に実物を確認した町によると、機体にはアルファベットと数字のほか、「右」「左」の漢字があったという。

 石垣海上保安部から連絡を受けて現場を確認した町によると、機体は長さ5、6メートルで、「MQM―107E」との表記があった。米国立空軍博物館のホームページによると、この表記は、米軍が以前、訓練で使っていた無人標的機。ただ、町の確認では、これ以外に米軍との関連を示す特徴はないという。

 一方で、漢字で「右」「左」とあり、町担当者は「漢字圏内の国のものでは」と話している。一般的な漂着ゴミは町が処分するが、今回は「見つかったものがどういうものかがわからない」(担当者)とし、県とも調整するという。(岡田将平)