[PR]

 新型コロナウイルスの4段階による感染状況の警戒レベルについて、東京都は、最も深刻な「感染が拡大している」との現在の評価から、深刻度が2番目の「感染の再拡大に警戒が必要」に引き下げる方針を固めた。都関係者への取材でわかった。新規の感染者数が減少傾向にある現状などを考慮したとみられる。

 10日に開かれる専門家らを交えたモニタリング会議で正式に決める。23区内の酒類を提供する飲食店と全カラオケ店の営業時間を午後10時までに短縮する要請についても、都は、今月16日以降は延長しない方向で調整を進めている。都は10日の会議などを踏まえて23区内の営業短縮要請を解除するか最終判断する方針。

 都内の感染者数は、8月1日に過去最多の472人、同7日も462人に上ったが、その後は減少傾向に転じ、9月9日時点での週平均の1日あたりの感染者は148・6人となった。小池百合子知事は9日、報道陣に、感染状況について「傾向とすれば減少にある」との見解を示していた。(荻原千明、長野佑介)