[PR]

 学校法人「幸福の科学学園」が開学を目指し文部科学省に申請していた大学の設置認可について、7月31日に取り下げていたことが9日、同学園への取材で分かった。理由について、「審査の過程で本学が目指す教育の実現が難しくなると考えるに至った」と説明している。

 萩生田光一文科相は昨年11月、同学園の申請を含め大学や短大など15校の審査を大学設置・学校法人審議会に諮問していた。同学園によると、今後は宗教法人「幸福の科学」が運営する研究機関「ハッピー・サイエンス・ユニバーシティー」で教育や研究を続け、適切な時期に再び申請するという。