[PR]

 トランプ米大統領は新型コロナウイルスの深刻な危険性を早い段階で把握していたにもかかわらず、意図的に過小評価していたことが明らかになった。トランプ氏がワシントン・ポストのボブ・ウッドワード記者の連続インタビューで、自ら告白していた。

 同紙が9日に公開したトランプ氏との2月7日のインタビューの音声記録によれば、トランプ氏は「息をするだけで(コロナは)空気感染する。やっかいなインフルエンザよりもっと致命的だ」と語り、コロナ感染の危険性を深刻視している認識を示した。さらに3月19日のインタビューでは、「率直に言えば、私は(事態を)軽く見せたかった。私は今でも軽く見せたいのだ」と自ら告白し、その理由について「なぜなら私はパニックを起こしたくないからだ」と語った。

 トランプ氏は当時、公には「4月までに少し暖かくなればウイルスは奇跡的に消え去る」「(感染者数は)数日以内にゼロに近くなる」などと、コロナの危険性を過小評価する発言を繰り返していた。(ワシントン=園田耕司)

【動画】コロナの失政を指摘されてきたトランプ氏。大統領選のゆくえは?