[PR]

 将棋の高校生棋士、藤井聡太二冠(18)=王位、棋聖=と、名人を5期獲得した実績で永世名人の資格を持つ谷川浩司九段(58)。注目の新旧天才対決が9日、第79期名人戦・B級2組順位戦(朝日新聞社、毎日新聞社主催)4回戦で実現した。飛ぶ鳥を落とす勢いの若き偉才と、一時代を築いた実力者が切り結んだ。深夜に及んだ激闘を追った。

 注目の対局は、大阪市福島区の関西将棋会館「御上段の間」で午前10時に始まった。持ち時間は各6時間。対局室にまず姿を現したのは谷川九段。迷わず下座に腰を下ろした。通常タイトル保持者や段位が上の棋士が上座につく。藤井二冠が上座に座りやすいよう、谷川九段が配慮したように見えた。

 先手番の谷川九段の誘導で、両者得意の「角換(かくが)わり腰掛(こしか)け銀(ぎん)」という戦型に。谷川九段の十八番を、後手番の藤井二冠が受けて立った。谷川九段は「悩みましたが、一番よく指している戦型を選びました。立場的にはこちらがぶつかっていく気持ちでした」。

 ハイライトは、夕刻から夕食休憩の前後にかけて両者が繰り広げた長考合戦だった。

 藤井二冠が1時間44分の長考…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら