拡大する写真・図版1964年当時の銀座6丁目のクロサワビル前(森岡書店提供)

[PR]

 無名の写真家が、東京五輪にわく1964年の銀座を収めた写真集「GINZA TOKYO 1964」が出版された。銀座の書店主が今夏の五輪に合わせて企画したが、新型コロナウイルスの影響で大会は延期に。それでも出版に踏み切ったのは、店主の強い思いからだった。

 万国旗がなびく建物の前を行き交う人。新婚旅行中のようなカップル。アイビールックの若者たちと、その前を通り過ぎる初老の男性。たばこの吸い殻やゴミ箱――。写真集には120枚のモノクロ写真が並ぶ。

 撮影したのは64年当時、21歳の写真家、伊藤昊(こう)さん。フリーで活動後、30代で栃木県益子町に移住し、2015年に亡くなるまで陶芸家として活動した。

拡大する写真・図版1964年の銀座を撮影した伊藤昊さん=森岡書店提供

「こんな銀座は見たことがなかった」驚いた編集長

 没後、妻の公子さん(74)が仕事場を整理すると、2階の片隅に「写真」と書かれた段ボール箱が二つ見つかった。銀座や横浜を写した約300枚の写真が丁寧に収められていた。夫が写真家だったことは知っていた。どうして残したのかなと思いつつ、多くの人に見てもらえたら、とも考えるようになった。

 試しに銀座のギャラリーを何店…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら