[PR]

【朝日新聞ポッドキャスト】 官邸キャップが語る安倍政権②

 安倍晋三首相は、朝日新聞の報道を強く批判することがしばしばありました。朝日新聞は、安倍首相に厳しい姿勢をとっていると言われることがあります。では、首相官邸を担当する朝日新聞の記者たちは、安倍首相とどう向き合ってきたんでしょうか。針のむしろ? 冷遇されていた?

 官邸取材のまとめ役である官邸キャップの星野典久さんと、第2次安倍政権発足当時に官邸キャップを務めた林尚行さんに、本音を語ってもらいました。朝日新聞ポッドキャストでお聞きください。主な内容は以下の通りです。

・単独取材、実は最初に打診されていた

・「この人は手ごわい」と感じた靖国参拝

・人に見せない安倍首相の「教訓ノート」

・まじめな「陽キャラ」首相が失ったもの

有料会員の方は
音声の主な内容をテキストでも確認していただけます(音声の内容をそのまま書き起こした物ではありません)
【朝日新聞ポッドキャスト】 官邸キャップが語る安倍政権②

     ◇

Q:安倍首相の辞意表明、計算ずくだと感じたのはなぜですか?

林:私は2012年の12月に第2次安倍政権が発足してから1年と少し、官邸キャップを務めました。その時、印象に強く残っている出来事があります。

 安倍首相は2013年の12月、靖国神社を電撃的に参拝しました。当時アメリカの副大統領だったバイデン氏が、日韓両国を訪問して関係改善を促した直後というタイミングでした。中国や韓国が反発しただけでなく、米国も「日本の指導者が近隣諸国との緊張を悪化させるような行動を取ったことに、米国政府は失望している」と声明を出しました。

 私は当時の紙面で「首相の外交の選択肢を狭めることになるのは必至だ」「安倍政権の2年目は課題山積なのに、首相は参拝にこだわった。日本の内政・外交の責任者である首相の政治判断として正しかったとは思えない」と指摘しました。つまり、外交への影響は甚大なのに、首相本人が行きたいから行っただけなのではないかと。

 ところが、安倍さんの周辺を取材すると、「これでしばらく行かなくていい。任期中にはもう行かないんだ」と言うんですよね。

 安倍さんは当時から長期政権を…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら