今年は寒い冬? ラニーニャ現象発生、気温低くなる傾向

山岸玲
[PR]

 気象庁は10日、世界中で異常気象の要因となる「ラニーニャ現象」が発生したとみられると発表した。発生すると、日本では寒い冬になりやすい傾向がある。少なくとも今冬までは続く可能性が高いという。

 ラニーニャ現象は、南米・ペルー沖から太平洋にかけての赤道周辺の海域で、海面水温の低い状態が続く現象。8月の海面水温が、ラニーニャ現象の発生を判断する基準値を超えたという。日本では、夏は太平洋高気圧の張り出しを強めて猛暑となりやすく、冬は西高東低の気圧配置を強めて気温が低くなる傾向がある。

 前回は2017年秋から18年春に発生。全国的には暖冬だったが、18年1~2月に一時的に強い寒気が流れ込んで北陸などで大雪になった。福井県の道路で1千台以上の車が立ち往生したり、物流がストップしたりした。(山岸玲)