[PR]

 東南アジア諸国連合(ASEAN)と日米中などが参加する一連の外相会議が、テレビ会議方式で9日始まった。南シナ海などをめぐる米中対立が深まる中での開催で、両国の応酬は必至だ。ともにASEANを味方につけようとしのぎを削るが、間に挟まれたASEAN諸国は難しい対応を迫られている。

背景に南シナ海の対立

 「需要を優先的に考慮して、『ワクチンの友』の関係を築く」。中国外務省によると、王毅(ワンイー)国務委員兼外相は9日、ASEAN加盟国と中国との外相会議でこう述べ、新型コロナウイルスのワクチン供給面で優遇する考えを示した。

 中国は8月下旬にベトナムなどメコン川流域の5カ国と開いたオンライン会議でも、ワクチンの優先供給を表明。インドネシアとは約4千万人分の供給で合意していた。中国がASEANに「ワクチン外交」を仕掛ける背景には、南シナ海での米国との対立がある。

 中国は8月26日、本土から南…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら