拡大する写真・図版土砂崩れで祖父母と自宅を失った倉知里奈さん=2020年8月3日、愛知県小牧市、角拓哉撮影

[PR]

 豪雨が奪ったのは、命だけではなかった。

 「ドーン!」

 2000年9月12日未明。高校3年生だった倉知里奈さん(37)=愛知県小牧市=は、雷が落ちたような音で目を覚ました。

 名古屋市とその近郊を中心に、大きな被害を受けた東海豪雨から、20年になります。あのとき、災害に向きあった人たちの足跡と思いをたどります。

 窓の外を見ると、並んでいたはずの観葉植物がなくなっていた。部屋を出ようにも、ドアが動かない。

 「おじいちゃーん、おばあちゃーん」

 近くの部屋にいるはずの祖父母を呼んだ。

 返事はなかった。

拡大する写真・図版倉知さん宅周辺での捜索活動=2000年9月12日朝、愛知県小牧市大山

 こわくなり、窓から外に飛び出…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら