60万円知らぬ間に…防ぎようのない「デイーバライ」

有料記事

中村建太
[PR]

 NTTドコモの電子決済サービス「ドコモ口座」を巡る問題で、中国銀行(本店・岡山市)の普通預金口座から計60万円を不正に引き出された岡山市の40代女性が朝日新聞の取材に応じた。女性はドコモ口座を開設しておらず、どんなサービスかも知らなかった。「自分では防ぎようがなかった」と振り返った。

 今月8日昼、銀行からのショートメールに折り返す形で電話し、スマホ決済の「d払い」での引き出しを知らされた。心当たりの有無を尋ねられたが、いくら考えてもない。預金口座は給与の受け取りや光熱費の振り替えなどに使っているが、電子マネー決済には別の金融機関の口座をあてている。携帯電話はドコモを使っていない。

 「全く身に覚えがない」と伝えると、すぐに暗証番号を変えて引き落としの履歴を確認するよう求められた。仕事を終えて自宅にあった通帳に記帳に行き、あぜんとした。

 8月30日は10万円、9万…

この記事は有料記事です。残り463文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント