[PR]

 川辺川ダム建設計画に反対してきた市民グループが10日、ダムの水没予定地だった五木村に関する意見書を熊本県に提出した。ダム計画は地域社会に不要な混乱や対立をもたらすとし、蒲島郁夫知事に慎重な姿勢で臨むよう要望している。

 提出したのは「子守唄の里・五木を育む清流川辺川を守る県民の会」(中島康代表)と「美しい球磨川を守る市民の会」(出水晃代表)の2団体。

 意見書では、蒲島知事が「(川辺川ダムも)選択肢の一つ」と発言したことについて「五木村民の間に大きな不安と動揺をもたらした」と指摘。地球温暖化時代の大水害に対してダムや堤防による水害対策は限界があるとし、「流域全体で水害リスク対策を考え、幅広い視点から川と地域を捉える必要性」を強調した。

 中島代表は「(知事がダム計画…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら