[PR]

 毎年5月の「看護週間」、山梨県内では長年の功績が顕著だったり、患者に親身になって接したりしてきた看護職員が表彰される。新型コロナウイルスの感染が広がった今年、式典は延期に。今月7日に約4カ月遅れの表彰式があり、緩和ケアの現場で、患者や家族と「最良の選択」を模索した看護師の姿もあった。

 小田切佳仁(よしひと)さん(44)。中央市の「どちペインクリニック玉穂ふれあい診療所」で、緩和ケアもする病棟の看護師長を務める。

 主に末期がんの患者が入院している。痛みや精神的な苦しみを和らげつつ、家族との時間をゆっくりと過ごせる環境づくりをめざしてきた。

 コロナ禍で病棟の様子は一変し…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら