[PR]

 埼玉県警は10日、行田市内の養豚場から約130頭(時価325万円相当)の子豚が盗まれたと発表した。家畜を狙った窃盗事件は最近、隣接する群馬、栃木県でも相次いでおり、県警は関連性があることを視野に捜査を進める。

 行田署によると、盗まれたのは子豚用豚舎で飼育されていた生後70日未満の子豚で、大きいもので1匹30キロ程度。子豚用豚舎は計4棟あり、それぞれ20~40区画がコンクリートの壁で仕切られている。

 月に1回程度、豚の総数を確認しており、前回は7月末。今月9日に数えた際に被害に気づいたという。同署はこの間に盗まれたとみている。

 養豚場には親豚、子豚が飼育され、子豚だけで約2500頭いる。国道に面しているが夜間は無人になり、施錠はされていなかったという。

 県畜産安全課によると、5月下旬にも本庄市内の養豚場から子豚2匹が盗まれたと申告があったという。県は先月28日付で生産者向けに防犯カメラの設置などを促す注意喚起文書を出した。(釆澤嘉高)