別所温泉駅 レトロな駅舎と鉄道むすめ 上田電鉄別所線

有料記事

遠藤和希
[PR]

 故(ふる)きを温(たず)ねて新しきを知る――。長野県上田市上田電鉄別所線で、そう思わせてくれる出合いがあった。降り立ったのは「信州最古の温泉」として知られる別所温泉駅。1921(大正10)年開業の同線で、開業当時の面影を今に残す。

 訪ねた8月8日、駅はにぎわいを見せていた。レトロな風情の一方で、主役となっていたのは「八木沢まい」という「鉄道むすめ」のキャラクター。別所温泉駅の手前にある八木沢駅と舞田駅から名前を取ったといい、この日が誕生日なのだという。駅舎では記念グッズが売られていた。買い求めていた一人は「かわいいですね」。

 キャラクターだけではなく、駅には女性の観光駅長もいる。4月に就任した山辺明日香さん(34)。「八木沢まい」と同じ色のはかま姿で迎えてくれた。

 昨年10月の東日本台風では…

この記事は有料記事です。残り291文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

春トク_2カ月間無料