[PR]

 同居する女子高校生の孫を殺害したとして、福井県警は10日、福井市黒丸城町の無職、冨沢進容疑者(86)を殺人容疑で逮捕し、発表した。県警は認否を明らかにしていない。

 捜査1課によると、冨沢容疑者は9日夜、自宅で孫で高校2年生の友美さん(16)を刃物で刺し、殺害した疑いがある。着衣に目立った乱れはなく、争った跡もなかったが、上半身に、鋭利な刃物による数カ所の刺し傷があるという。

 同日夜、冨沢容疑者から連絡を受けた父親が現場を訪れ、10日午前0時10分ごろに「娘が倒れている。まったく動かない」と110番通報した。駆けつけた警察官が2階建て住宅の1階で、倒れている友美さんを発見。友美さんは搬送先の病院で死亡が確認された。

 県警によると、家族間のトラブルの相談は聞いていないという。近所の住民らによると、友美さんは別の場所で両親と住んでいたが、最近になって祖父の冨沢容疑者と暮らすようになった。友美さんは9日、いつも通り高校に登校していたという。

 現場は福井市の中心市街地から北西に約10キロ離れた田畑に囲まれた地域。

 友美さんの父親は11日、県警を通じて「大切な娘を突然失い、死を現実のものとして受け入れられません。今はただ、娘との最後の時間を家族で静かに過ごしたい」とのコメントを出した。