[PR]

 事実に基づかない「フェイクニュース」をSNSに書き込んだとして、大阪府忠岡町議会は9日、勝元由佳子町議(47)=無所属、1期目=に対する議員辞職勧告決議案を賛成多数で可決した。

 勝元氏は今年1月、自身のブログに「町役場の40代以上の管理職は全員、無試験縁故採用時代に採用された」と記載した。しかし町によると、筆記と面接による採用試験を実施していた。決議案は、勝元氏が昨年5月の議員就任後、ブログなどで町の名誉を傷付ける発信をたびたび行うなどして、職員や家族に精神的苦痛を与えたとしている。

 取材に対し勝元氏は「不適切な表現は改めたい。勧告は不正を追及する議員を排除する意図で、辞職するつもりはない」と話している。(白木琢歩)