拡大する写真・図版過去開催された「あさひまつり」。住民たちの手作りの山車が町内を回った。中央は気比庄地区の山車(福井県越前町、同町提供)

[PR]

 福井県中西部に位置する越前町の気比庄(きひしょう)地区の住民たちが、町の夏祭りで活躍する「あんどん山車(だし)」の新調に取り組んでいる。今年の祭りは新型コロナウイルスの影響で中止になったが、青森県五所川原市のねぷた制作者の協力を得て、来夏に向けた迫力ある新しい山車ができる。今秋にお披露目の予定だ。

 人口約2万人の越前町では、旧朝日町時代の1976年から毎年夏に「あさひまつり」が開かれる。メインイベントは、各地区の住民たちが作った高さ約5メートルのあんどん山車の巡行だ。2019年は計14基が登場し、約1万2千人が訪れたという。

拡大する写真・図版過去開催された「あさひまつり」。住民たちの手作りの山車が町内を回った=福井県越前町、同町提供

 気比庄区公民館長の清水豊之さん(67)によると、あさひまつりは夏の風物詩として長年親しまれてきたが、近年、盛り上がりに陰りがみえつつある。多くの地区で修繕しながら同じ山車を繰り返し使うために目新しさが薄れてきていることや、娯楽の多様化などが影響しているとみられ、山車をひく若者の確保にも苦労しているのが現状だ。

■コロナでの中止を機に山車…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら