[PR]

 大規模な停電が起きた際の、自治体が出資する地域新電力会社の役割に関心が高まっている。昨年の台風15号(房総半島台風)では、千葉県睦沢町の新電力が防災拠点の道の駅や住宅に自前で電気の供給を続け、注目を集めた。災害時の活用を目指して調査を始めた自治体もある。

 「家の中では普通に電気が使えていたので、すぐ近くのコンビニに行って停電していると知り、びっくりした」。睦沢町のほぼ中央にある「むつざわスマートウェルネスタウン」に住む女性は、1年前を振り返ってそう話した。

 昨年9月9日。台風15号によって町内も未明からほぼ全域で停電した。タウン内の電気も止まったが、供給元の「CHIBAむつざわエナジー」が午前9時ごろにガス発電機を再起動して復旧させた。周辺一帯の停電が解消されたのは3日後だった。

 同社は町と民間企業・団体が出…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

関連ニュース