拡大する写真・図版タカラジェンヌの卵を育成する「宝塚音楽学校」=2020年8月、兵庫県宝塚市、杢田光撮影

[PR]

 107年の歴史を誇る宝塚音楽学校(兵庫県宝塚市)が、長年続いた生徒間の指導内容を見直した。「先輩は絶対」の価値観で育ったOGたちのなかには、「根本的な改革になるのか」と危惧する声も。一方で「代々の習慣を時代に合わせて見直したという点で意義がある」と識者はみる。

 「理不尽なことに耐える精神力は鍛えられましたが、もう二度と戻りたくありません」。元雪組トップスターたかね吹々己(ふぶき)(旧芸名・高嶺ふぶき)さん(54)は、学校生活をそう振り返る。

 1981年に首席で入学した69期生。当時から、生徒が阪急電車にお辞儀をするのは当たり前だった。「車掌さんへのお礼の気持ちでした。『私が乗っていたのにあいさつがなかった』と後で本科生から叱られないようにという理由もありましたが……」

 予科生に課せられた決まり事で、今回廃止された「予科顔」や「予科語」は、コアファンの間では知られた言葉。ただいつごろ始まったかは分からず、たかねさんにも覚えはない。「そんな不思議なルールはなかったはず。でも本科生に目を付けられないよう、ビクビクおびえる日々だったのは確かです」

 指導には個人差があったが、なかには手元の譜面を見ていただけで「寝ていた」と怒る人も。反省文を渡せば「渡し方が気にくわない」と、読まずにその場で破り捨てられたこともある。

拡大する写真・図版たかね吹々己さん=2020年8月、兵庫県宝塚市、杢田光撮影

 多くの音楽学校生たちが暮らす…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら