[PR]

 スポーツ界の性暴力の一端を明るみに出した裁判だ。東京地裁が8月28日、東京富士大女子ソフトボール部の部員だった20代女性に計約80万円の賠償をするよう、元監督の70代男性と大学に対して命じた。女性がセクハラを受けたとして損害賠償を求めていた。

 判決によると、元監督は、合宿中に女性を監督室に呼び出してひざの上に座らせ、両腕を女性の体の前方に回して引き寄せ、額を女性の背中にくっつける。「心と心がつながらないとダメ」と言って体を触る。

 さらに、「私のことを本当に信…

この記事は有料会員記事です。残り1032文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1032文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1032文字有料会員になると続きをお読みいただけます。