中日・大豊、矢野の電撃トレード劇 23年前の秘話とは

有料記事

阪神担当・伊藤雅哉
[PR]

 昨季、阪神の遠征でナゴヤドームに行くと思うことがあった。「ああ、矢野(燿大(あきひろ))監督は中日の選手だったんだな」。試合前練習の際、中日OBや名古屋のマスコミ関係者が、矢野監督のそばへ集まってきた。コロナ禍の今季はグラウンドに下りることも難しくなったが、昨季は人に囲まれ、リラックスしているように映った。

 矢野監督は東北福祉大からドラフト2位で中日に入団し、1997年までの7年間在籍。主に中村武志(現中日コーチ)の2番手捕手だった。後に阪神で成功したイメージが強いが、意外に中日での在籍も長かったんだなと思う。

毎週火曜日に、中日ドラゴンズにまつわる話題をお届けします。

 97年オフの阪神と中日の2対2のトレードは、後の指揮官を生んだという意味で、阪神の球団史に残る出来事だ。当事者になった4選手のうち、最も地味だったのが矢野捕手だった。

 複数の関係者に聞いたが、こ…

この記事は有料記事です。残り693文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!