[PR]

 菅義偉官房長官は12日、自民党総裁選の候補者による日本記者クラブの討論会で、森友学園問題の公文書改ざんで自ら命を絶った財務省近畿財務局職員の遺族が求めている問題の再調査について、「財務省で調査し、検察でも捜査した。結果は出ている」と述べ、対応しない考えを改めて示した。

 菅氏は「再発防止策が私どもの役割だ」と強調。記者から改ざんの経緯が明らかになっていないとの指摘が出ると、「いま、私、申し上げた通りです」。政治責任を十分にとっていないのではないのかとの質問が飛んでも、「財務省で調査し、その結果として処分は行われていたのではないか。(麻生太郎)財務大臣から当時、この問題について発言があったのではないか」と述べるにとどめた。