[PR]

 福岡県の自宅で18歳未満の養女と性交したとして、監護者性交等罪に問われた30代の男性被告の上告審で、最高裁第三小法廷(林道晴裁判長)は被告側の上告を退けた。一審・福岡地裁の無罪判決を破棄し、審理を地裁に差し戻すとした二審・福岡高裁判決が確定する。今後、地裁で裁判がやり直される。11日付の決定。

 被告は2018年1月中旬~2月12日、同居の養女と性交したとする罪に問われた。地裁は、養女の証言の通りとすれば「家族5人が密集して寝ている部屋で性交を繰り返していたことになり、家族が気付かなかったのは相当に不自然」と判断。養女の知的発達の程度も踏まえ、証言の多くは検察官の誘導尋問に応じたもので「具体性がない」とし、無罪とした。

 これに対し高裁は、養女の証言について「性犯罪による精神的後遺症などでうまく供述できなかった可能性にも留意すべきだ」と指摘。性的虐待を受けた子の供述特性などについて審理した上で、判断をし直すべきだとしていた。(阿部峻介)